記事

緊急事態宣言解除にともなって当院からのお知らせ

 あかまつ歯科クリニックからのお知らせ

 

 新型コロナウィルス(COVID-19)が日本に蔓延してから、緊急事態宣言が発令され自粛ムードが漂う中、[Stay Home]を合い言葉に皆様それぞれに工夫・努力されてお過ごしのことと存じます。

 

 現在、緊急事態宣言が解除されCOVID-19感染の現状は少しずつ落ち着いてきておりますが、ウィルスはゼロになることはありませんし、世界にはまだまだ未知のウィルスが存在していると考えられます。

 

 そんな中で、我々はwith コロナコロナとともに生活することを考えなければなりません。

 

 はじめは、知らないウィルスに対しての恐怖や不安が多かったかと思いますが、現在はどうすれば感染を防げるのかわかってきたのではないでしょうか?

 

 今まで、メディアにより歪曲して報道されてきましたが、日本歯科医師会の発表からも歯科医療現場において、歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません

 

 当院では、元々スタンダードプリコーションの考えのもと、世界基準の感染対策をして参りましたが、今回のアメリカなどの対応を参考に、感染対策のレベルをさらに改善致しました

 サージカルキャップ、N95マスク+サージカルマスクを常時装着することに加え、エアロゾルが出るような処置時にはゴーグル、サージカルガウンを装着、口腔外バキュームの積極使用、常時換気か診療毎の換気を徹底しております。

 

 また、日本歯科医師会の発表において、口腔内の健康が誤嚥性肺炎やウィルス性疾患の予防につながることも報告されています。

 

 近年、口腔の健康が全身疾患と関係していることが明らかになっております。特に歯周病は糖尿病を代表とするメタボリックシンドローム、心血管系疾患、誤嚥性肺炎、早産・低体重児出産、関節炎などに影響を及ぼします。歯周病に対するリスクは個々に違い、1ヶ月でフォローが必要な方、3~4ヶ月のフォローで大丈夫な方もいらっしゃいます。また、むし歯(齲蝕)に対しても同様です。

 口腔健康を守ることで全身疾患というリスクを下げ、COVID-19をはじめとする病原体への感染リスクを減らすことこそ歯科の使命だと考えます。そのためにも上記にあるような、まず医療従事者が病原体の感染源とならないような感染対策が必要になってきます。

 

メインテナンスすることでお口を健康にしてウィルスに負けにくい身体へ!

安心してご来院ください。スタッフ一同お待ちしております。

 

文責 あかまつ歯科クリニック院長 赤松佑紀

655-0051  神戸市垂水区舞多聞西1-27-19 あかまつ歯科クリニック  

078-754-6174