記事

オーダーメイドの予防プログラムを!

こんばんは。

6月と7月にかけて、休診がたくさんあり皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

休診させていただいて、外部講師(日吉歯科診療所で予防歯科に携わってきた歯科衛生士さん)より、メディカルトリートメントモデルについて、みっちりと勉強させていただきました。
そこで一番大事になってくるのは、歯周初期治療(歯周病治療)とカリオロジー・ペリオドントロジー(むし歯と歯周病)についての患者さんへの説明と伝え方、そして唾液検査結果を通して、患者さん個々にあわせた予防プログラム立案です。

今まで、自分たちなりにできていたこともありましたが、改めてしっかりと勉強しますと、新たな発見ばかりでした。
短いながらも、歯科衛生士全員で、筆記テスト、説明テストを反復して練習しましたので、かなり効果的なう蝕予防プログラムのご提案、わかりやすいう蝕・歯周病の説明ができるようになったのではないかと考えております。

しっかりとした歯周病治療、予防プログラム、患者さん教育(正しい歯科知識の伝達)があってこそ、質の高い歯科治療が成立しますし、メインテナンスの質も向上するのだと思います。

院内全体で、う蝕と歯周病予防に一回りも二回りも大きく成長しましたので、当院のこれからの取り組みを乞うご期待ください。